• ねずみ屋根裏に棲みつく理由

    ねずみ屋根裏にいることが多いのは、ねずみにとってとても環境が良いところだからです。


    夜行性であるため、常に薄暗く雨風をしのげる場所ですし、集団で棲みつくのにも適した場所です。


    巣を作るための材料を集めてきやすく、エサも近場にあるなど条件が揃っていることがねずみ屋根裏にいる理由です。

    猫などが浸入しないよう、屋根裏の換気口には講師が付けられることが多く、外敵が浸入しにくいことも棲みつきやすくしています。



    ねずみ屋根裏にいると昼間はおとなしくしているので、その姿を確認できず、夜に走り回ったり鳴き声で気づいたり、部屋の中に野菜やお菓子などを食べ散らかしたり、糞を見つけて存在に気づく場合もあります。

    とても危険なのは、壁や配線をかじることがあって、電線をかじられそこにゴミが付着して湿気を帯びてショートすると出火につながる事があります。特に古いタイプの電線は危険です。

    ねずみ屋根裏からでて行かせるためには、色々準備をしなくてはなりません。

    あなたが探していた2ちゃんねるに関してはこちらのサイトをご覧ください。

    頭がいいので、罠を設置しても中々近づかないし、超音波発生装置なども慣れてしまう事があります。



    粘着シートは割りと成果が高く捕獲しやすいですが、あとから処分する必要があって、ねずみを見る事になってしまいます。失敗しないでねずみ屋根裏から追い出して静けさを取り戻したいなら、駆除業者を依頼したほうが良いです。

    駆除後の巣の撤去や糞尿の清掃、消毒なども合わせて行ってくれるところがあって、衛生面でも安心です。